PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

織部、志野づくし

 
前にも書いたが、最近 「織部」 を作る作家夫婦と仲良くさせてもらっている

「工房禮」 の高野文夫、禮子夫妻だ (^^)

定年後、夫婦でやきもの作りを始め、笠間の 「民芸の里」 という所にお店も開いている

仕事を辞めてからやきもの屋を始める人は、趣味の延長で始めてしまう人が多いが

高野さん達が偉いのは、ちゃんと先生について修行し、奥さんは地元の 「窯業指導所」 に通って若い人に混じってキチンと釉薬の勉強をしてから独立された事だ

お二人とも勉強熱心なのだ (^^)

ご主人がロクロを挽き、奥さんが細工や絵をつける

お互いああでもないこうでもないと言い合いながら作陶している姿はなんともほほえましい (^^)


以前から顔見知りで、会えば 「こんにちは~」 なんて言うくらいだったが、ひょんな事で仕事を手伝う事になった

で、今はすっかり仲良しになって、大体月に一回くらい伺って仕事を手伝っている

行く度にスゴイご馳走になっているので、仕事をしに行ってるんだか食わせてもらいに行ってるんだかよく分からないけどね (^^;)

先日も行って昼は仕事を手伝って、夜は 「ひまつり」 の打ち上げをやった

以前から 「ひまつりが終わったら、泊まりがけで打ち上げやろうよ!」 なんて話をしていたのだ

夕方旦那さんと近くの風呂屋に行ってから宴会突入!

スゴイごちそうだ (@@;) 奥さんは料理名人なのだ (^^)

CAV0K6LM.jpg CA80XJNO.jpg

更にスゴイのは、器!

全部織部と志野だ (@@)

上の写真の手が付いた器はいわゆる 「鳴海織部」 の手鉢

今、関東の方でこういうの作ってる人は少ないんだよ 

遅くまで色んな話をして充実の宴会でありました (^^)

あまりのご馳走の量に、全部食べられなくてゴメンナサイ (笑)


本当に楽しい宴会でありました (^^)



人気ブログランキングへ

| ★ 陶 談   | 12:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。