PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親方! Part.1


「桧佐陶工房」

ワシが修行に入った所 ・・・ 生まれて初めてやきものの土に触った所 ・・・

茨城県の笠間市に昔からある古い大きな窯元だ

工房の中は、正にみんながイメージするような 「古い窯元」 そのままの、イイ感じの工房だ

そんな所でワシは修業した

top-img0010.jpg
桧佐陶工房HP




ここの 親方   桧佐長治さん   通称 「長やん」 (笑) について話そう


いやこの人が、誰もがイメージするような 「親方」 そのままの人

ワシが入った当時は、恰幅が良くて、目がギョロっとして

店の入り口に置いてある 「巨大狸」 の隣に立っても、迫力でまったく引けをとらない!!

見た目も性格も、親方そのものの親方だった (笑)


修行できる場所を探して、笠間をうろついていた時 「桧佐陶工房」 に寄った

その時親方は、ロクロの前に座ってなにか細工をしていたと思う

てっきり職人さんだと思ってジィ~っと見ていたら、親方は気さくに話しかけてくれた

笠間焼のこと、桧佐陶工房の歴史、昔のやきものの作り方 ・・・・

ワシは恐縮して、あんまり質問みたいなことは言わなかったと思うが、親方は機嫌が良かったのか、いっぱい話をしてくれたよ

後から思うと、親方はもうその頃、ロクロの前で仕事するなんて事は、ほとんど無かったから、ワシャ運が良かったんだろう

その後、休憩時間になって、ワシもお茶とお菓子をご馳走になった

工房の人たちもとても親切で、色んな話をしてくれて ・・・

「こんな所で修行できたらいいなぁ ・・・ 」 

なんて思ったけど、もう新しく入る人が決まっているという話だった。

ところが、翌月また笠間に行って、この前のお礼がてら寄ったら、新人さんがすぐに辞めちゃったと知らされた ・・・ 

即! 親方の所に行って


「私は土に触ったこともないし、何もできませんが、雑用でもなんでもしますので、働かせてください!」 


親方は 「うんうん、そうけ (茨城弁)」 とニコニコしながら、おもむろにビールを出してくる (@@;)

「まぁ、飲みなよ」  「へ?」  どんどんビールが注がれる ・・・ 

「ハ、ハイ!いただきます!」

「ん?? 意図が伝わってないのか??? (@@;)」 

ビールを飲みながら、不安になっていると

「ん~、最初は給料は安いけっども ・・・ 住むところはあんだ ・・・ 」 

上機嫌で親方が話している


「ん? ・・・ どうやら ・・・・・・・ さ ・・・・ 採用らしいぞ ・・・・ (@@;)」

「やったぁ~~~~~~~!!!! (^0^) 」

そんな訳で、ワシはめでたく桧佐陶工房で働けることになったのだ

10日後くらいには、もう茨城に引っ越してきてたよ (^^)


(次回へ続く)
人気ブログランキングへ

| ★ 戯 言   | 07:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。