PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三島鉢陶片 (李朝)

 
ワシャ本物の李朝の陶器は、ほとんど持っていない

持っているのは、安い 「駄物」 がちょっとだけ

持っていない第一の理由は ・・・ ビンボーだから (T0T)



第二の理由は、「これ欲しい!!」 って思うのがあると、たいがいエライ高いのだ

(--;)・・・どっちにしろビンボーってことか ・・・(;0;)

特に 「鶏竜山」 の鉄絵や、程度のいい粉引きの徳利なんぞ、アホみたいに高い

やや安いものもあるにはあるが、程度が良くない (--;)

まぁ ・・・ 皿類は、割と安いが、やはりいい味の物は中々無いのだ




陶片だ (^^)

前にも書いたが、ワシが古陶好きになった頃は、まだ陶片は安かった ・・・・

っていうより、ほぼタダだった

かなり原型を留めていたり、周りが欠けたような程度のいい陶片は、さすがにいい値段だったが

ちょっとした陶片なんかは、結構サービスでくれたりしたもんだ

今なんか 「え?これフチの所だけじゃん! 絵も見えないし!」 みたいな陶片が 「一万円」 もしたりするのだ

「アホかぁ~~!!」


090212_2010~0001

この陶片は、多分2000年頃に、5000円くらいで買った 「三島鉢」 の陶片だ

おそらく完品なら、直径7寸くらいだったと思われる

なかなかイイ (^^)

土は鉄分がやや多い土で、割とキメが細かいが、まぁいい土では無い (笑)

李朝の、いわゆる 「粉青沙器」 と呼ばれるタイプに使用された土は、陶芸的には良くない、雑な土なのだ

還元焼成で芯までしっかり焼けている

三島模様もくっきりとしている (^^)

造りは ・・・ やっぱ 「李朝」 なのでテキトーだ (笑)

このテキトーさこそが李朝の魅力でもある

ワシには、まだこのテキトーさが出せないのよ (--;)


陶片の良さは、生地の断面が見れる事だ

造りや土を観察出来る (^^) 

まさか完品をかち割って断面を見る訳にはいかないからね (^^;)


今思えば、最初の頃にもっと陶片を集めていれば良かったなぁ ・・・・

骨董屋のオッチャンが

「そこの木箱の陶片、好きなの持ってっていいよ! なんなら箱ごと持って行きな!」

なんて言ってくれてたのに ・・・・・

遠慮深いワシは (笑) 小さいのを一個か二個もらうだけだったなぁ ・・・・


「若い頃のワシ~~~~!!! もっとずうずうしくなれ~~~~!!!」


   ・・・・ ま ・・・・ 今は、充分ずうずうしいがな ・・・・(笑)
 

人気ブログランキングへ

| ★ 古陶磁   | 21:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。