PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蕎麦猪口 そば猪口 そばちょこ ソバチョコ

 
古陶磁好きになった人の多くがそうであるように

ワシも最初に好きになったのは

 「古伊万里そば猪口」 だ

古伊万里そば猪口

理由は簡単

  「わかりやすい」 「カワイイ」 「安い」 「使える」

も一つあげるとすれば ・・・・・

 贋物は、まず無い」 (笑)

ま、悪い骨董屋だと時代をごまかしたりするが

ちょっと本でも読んで、その時代ごとの特徴を掴んでいれば

そう大きくだまされることはないよ (^^)


 「わかりやすい」 というのは

古伊万里そば猪口は、サイズや様式がある程度定まっているので

ずらっと並べて 「こっちが好みだ」 とか 「こっちが絵がいい」 とか較べやすい

時代判定もしやすい


 「カワイイ」 というのは?

見てのとおり、そば猪口ってカワイイでしょ? (笑)


 「安い」 ! (笑)

古陶磁って言うと高そうなイメージがあるが、そば猪口は小さい物だし、数も多いので

数千円から、高いものでも数万くらいで買える (^^) キズ物なら更に安いし

明治頃の 「印判手」 なんかもっと安い

余程貴重な物でもないかぎり、貧乏人のワシでも買えたのだ (笑)

ワシが持ってるのも、キズ物ばかりだよ (^^;)


だから 「使える」 

これは大事 (^^) 値段も安い手軽なものだから

日常、お茶やコーヒーを入れて飲んだり、本来の用途である、ちょっとした向付に使える

酒の肴の 「塩辛」 なんか入れるのにもってこいだ

これが、何十万円もする物だと、ちょっと日常使いにはおっかない


ただ ・・・  安いからといって、ぞんざいに扱わないで欲しい

古いものというのは、それぞれの時代の人々が大切にしてきたから、今存在するのだ



ワシャ古伊万里そば猪口のなかでも 

 「初期」 のちょっと造りが雑で、ヨタヨタっとしてるのが好きだ


思えば

後に自分が作陶する手本になった 「李朝」 とそっくり、 李朝にそば猪口はないけど (笑)

李朝の 白磁 と 初期伊万里 は、雰囲気がとてもよく似てるのだ


古陶磁好きになった最初の頃から、大体方向性は決まってたのね~~~ (笑)
 



人気ブログランキングへ

| ★ 古陶磁   | 13:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。