PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本プロデュース?

 
こないだ久しぶりで昔の井戸茶碗を見てきたので

もちょっと戯言を


井戸茶碗というのは国宝になってるくらいの物なのだが

実はその素性はあんましよく分かっていない

一般には

朝鮮の人々が、日常雑器として使っていたやや大振りの茶碗を日本の目利きの茶人が、茶の湯の茶碗として見立てて使い始めた

と言われているが


実際には本国である朝鮮半島からはほとんど出てこないらしい

日用雑器ならばいっぱい作ったはずだが・・・

雑器だからみんな壊れたのだろうという事も考えられるが

破片はいっぱい出るはずだ

同じようなタイプの肌を持った破片が一応出てはくるけど、量は少ない

また、破片から類推しても、いわゆる正しい 「井戸型」 の物はほとんどないらしい

たまに韓国で大量に発掘されて、日本人の研究家の所に鑑定の依頼が来るみたいだが

そういうときも 「まぁ、井戸茶碗と言えなくもないかなぁ・・・」 くらいの物しか出ないというのだ


かつて韓国で修行した陶芸家の小林東五氏も確かこんな風なことを言ってた

「井戸茶碗は朝鮮人の美意識から生まれたものではないし、朝鮮人のメンタリティーを考えるとこんなに量が少ないというのは考えられない」


こないだ同じ日に李朝時代のやきものと国宝の井戸茶碗を見てきて

ワシも改めてそう思った


あの形は高麗・李朝陶器の流れの中にない 




あくまでワシの主観ですので、根拠を示せと言われると困るけど

ワシが思うには


1. あれは朝鮮国内で、朝鮮人陶工に日本人が注文、もしくはプロデュースして作らせた

2. 実は国内産で、萩か唐津辺りで作られた。ただし作ったのは渡来した朝鮮人陶工


のどちらかではないかなぁ

最近 「井戸茶碗の土は日本にはない土」 という研究もあるらしいので

それを尊重すると


2. 実は国内産で萩か唐津辺りで作られた。ただし作ったのは渡来した朝鮮人陶工で、土も本国から持ってきた


という可能性もある


材料と技術は朝鮮人

プロデュースは日本人

って所でないかな




しがない一陶工の考察でありますが (^^;)





ひとつ頼りない根拠を挙げるとねぇ

今でも朝鮮の人にとって井戸茶碗って


「こんなもんのどこがいいの?」


なんだってさ (笑)(^^;)
人気ブログランキングへ

| ★ 古陶磁   | 00:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。