PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カリスマバイヤー


ワシの自宅はちょっと変わった所にある


小さな青果市場の中


正確に言うと

青果市場の敷地内に建っている小さな家を借りて住んでいるのだ

元々市場の従業員の住宅だったらしい

借りているだけで、市場の事には一切タッチしていない


ただ前の日の夕方から夜にかけて農家のおっちゃんやおばちゃんが野菜を持って来る姿は毎日見る

ほとんどは年寄りだ

若い人が持って来ている時もあるが、その野菜も実際に作っているのはジーちゃんバーちゃんだろう

それぞれが持って来る野菜の量も知れたもんだ

何百個も・・ってのはほとんどない

朝セリをやって野菜を持って行く商店の人達も、何人かはどこの店の人かわかる

んで

ワシ自身もそういう店で野菜を買ったりする


・・・安い・・・すごく安い


店の儲け、市場の儲けを引いたら

あのおっちゃんやおばちゃん達が貰う金額って・・・

農業ってのは余程大規模でうまく経営しないと、それだけでは食っていけないんだなぁと思うよ


なんでこんな話をするかと言うと

年末ころのテレビ番組を見て、イヤ~な気分になったからだ


多分ニュース番組の中の特集だったと思うが

「庶民の味方!カリスマバイヤー!」

てな感じの特集

要は大型店の凄腕バイヤーが一円でも安く商品を仕入れて

彼のおかげで消費者がより安く商品を手に入れられる

スゴイぞカリスマバイヤー! ・・・という論調の番組だ


カリスマバイヤーは、問屋や製造元の営業の人たちにスゴイ迫力で迫る

「 これだけの量買うんだから、もっと安くしてよ! 」

「 これじゃ、会社に報告できないよ! 」

時には 「 別にアンタんとこで買わなくてもいいんだよ 」 的な事を遠まわしにチラつかせたりする

今のようなご時世だと、立場はバイヤーに圧倒的に有利だ

とうとう相手が折れる、番組のナレーションはカリスマバイヤーを褒め称える

「彼の努力のおかげで我々庶民は、より安い商品を買うことが出来るのだ!!」


ワシャ見ながらイヤ~な気分になったよ ・・・


きっとその値引き分は、結局商品を作ってる生産者の収入に響くんだろうなぁ ・・・

取引が成功しようがしまいがカリスマバイヤーは痛くも痒くもないだろう

「 あぁ、この取引は上手くいかなかったなぁ、次で取り戻そう 」 って思うだけさ、それだけで会社をクビになったりもしないだろう ・・・

でも生産者はそうはいかない、コストを下げるために部品や工程をギリギリまで切り詰め、時には不本意ながら品質を下げてでも作り続ける以外ないのだ

で、挙句に買い叩かれて減収、リストラ ・・・・


一円でも安く買いたいってのは当たり前だけど、やっぱり 「 程度 」 ってもんはあると思うんだよなぁ ・・・


今は割安の物はほとんど中国やアジアの国々で作っている

人件費が圧倒的に安いから ・・・

人気の某洋服メーカーはそれで売り上げを圧倒的に伸ばした

その会社の社長は、どの経営や経済の本を見てもカリスマ扱いだ、ヒーローと言ってもいい

それを見てワシは思うよ

「 この時代になっても豊かな国が貧しい国の資源と労働力を搾取するって図式はかわらないんだなぁ 」 って

豊かな国の資本家は言うんだ

「 いや、我々が進出したから雇用が生まれ、技術も上がったんじゃないか 」 って

ほんでもそれは大航海時代から近代の

「 我々がお前たちの国を植民地にしてやったから近代化できたんだぞ 」 って言う論調と同じだよねぇ ・・・


ワシら個人のやきもの屋は、間に入る業者が多くないのでそんなに感じないけど

問屋が2つも3つも入る業界の生産者が絶望的な気分になるのはわかるよ (--;)

下請け孫請けの中小企業もね ・・・


それでも

「 いや、日本人は器用なんだから、やっぱり物作りで勝負ですよ!! 」

なんてテレビで訳知り顔でしゃべっている評論家って


頭が悪いんだろうか?





人気ブログランキングへ

| ★ 戯 言   | 00:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。