2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お日様出てきて~~~ (ToT)

 
友達に頼まれているカフェオレボウルの生地作りがなかなか進まない (^^;)

ロクロを挽くのはわりと順調だが

天気が悪くて乾かないのだ

生乾きになったらひっくり返して高台をけずるのだが

雨で湿度が高いので、一向に乾かない

お日様出てきておくれ~~~~!!!

出てきてくれたら、ワシがチューしてあげるぞ~~~!!!

(--;) ・・・・

よ ・・ 余計出てこない ・・・ か ・・・ (ToT)



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| ★ 陶 談   | 11:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エサを与えないでください

ただ今ダイエット中であります (^^;)


ワシは元々やせっぽちで、むしろ太れない体質だった

20代の頃までは、どんなに暴飲暴食しても、まったく体重が増えなかったのだ

女の子達からよく 「ムカつく~~!!」 と言われたもんさ (笑)

しかし年をとるにつれて、食べたら太るようになってきた

まぁ今でもどちらかというと痩せてる方だが、やはりお腹周りがヤバいのだ

全体的に脂肪が付いてくるのならまだいいのだが

痩せ気味で、お腹だけポッコリするのはカッコ悪い


目標 「今より3キロ減 & 六つに割れた腹筋!」 (笑)

今のワシのお腹は 「ひとつ」 に割れているのだ (笑)

ちょっと前に流行った 「バナナダイエット」 の様に特定の食べ物を食べて痩せるというのは上手くいかないと思っているので

地道にウォーキング (ま、フツーの散歩だ (笑)) や筋トレを頑張ろう

食べ物もちょっと気をつけて ・・・

お菓子は控えめに (ToT)

夏になって海に行ったとき

海パンのゴムの上にお腹が乗らないように頑張ります~ (@@;;;)

みなさん ! ワシにエサを与えないでぇ~~~~ (@@;)



人気ブログランキングへ

| ★ 戯 言   | 23:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

織部、志野づくし

 
前にも書いたが、最近 「織部」 を作る作家夫婦と仲良くさせてもらっている

「工房禮」 の高野文夫、禮子夫妻だ (^^)

定年後、夫婦でやきもの作りを始め、笠間の 「民芸の里」 という所にお店も開いている

仕事を辞めてからやきもの屋を始める人は、趣味の延長で始めてしまう人が多いが

高野さん達が偉いのは、ちゃんと先生について修行し、奥さんは地元の 「窯業指導所」 に通って若い人に混じってキチンと釉薬の勉強をしてから独立された事だ

お二人とも勉強熱心なのだ (^^)

ご主人がロクロを挽き、奥さんが細工や絵をつける

お互いああでもないこうでもないと言い合いながら作陶している姿はなんともほほえましい (^^)


以前から顔見知りで、会えば 「こんにちは~」 なんて言うくらいだったが、ひょんな事で仕事を手伝う事になった

で、今はすっかり仲良しになって、大体月に一回くらい伺って仕事を手伝っている

行く度にスゴイご馳走になっているので、仕事をしに行ってるんだか食わせてもらいに行ってるんだかよく分からないけどね (^^;)

先日も行って昼は仕事を手伝って、夜は 「ひまつり」 の打ち上げをやった

以前から 「ひまつりが終わったら、泊まりがけで打ち上げやろうよ!」 なんて話をしていたのだ

夕方旦那さんと近くの風呂屋に行ってから宴会突入!

スゴイごちそうだ (@@;) 奥さんは料理名人なのだ (^^)

CAV0K6LM.jpg CA80XJNO.jpg

更にスゴイのは、器!

全部織部と志野だ (@@)

上の写真の手が付いた器はいわゆる 「鳴海織部」 の手鉢

今、関東の方でこういうの作ってる人は少ないんだよ 

遅くまで色んな話をして充実の宴会でありました (^^)

あまりのご馳走の量に、全部食べられなくてゴメンナサイ (笑)


本当に楽しい宴会でありました (^^)



人気ブログランキングへ

| ★ 陶 談   | 12:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

土と言っても

 
前回に引き続き土の話

ワシャ独立する前、他のやきもの屋の所に行って 「ロクロ職人」 をやっていた

ま、今も時々やるけどね (^^)

そのおかげで色んな土に触る機会があったよ


それで思ったのは ・・・ 「ホントに色んな性質の土があるなぁ (@@;)」 って事

当たり前なんだけどさ

白い土、真っ赤な土、真っ黒な土、細かい土、荒い土

粘りの強い土、粘りの少ない土、すぐヘタってくる土

なんだか良くわからないけどイヤ~な感触の土 (笑) 千差万別だ


職人として人の工房に行くと

「何作れる?」 と聞かれたりする

もちろんワシは 「なんでも作れます!」 と答える、そりゃそうだろ? お金貰うんだし (笑)

「じゃあこれ作って、この土で」 と出てきた土がとんでもない土だったりするのだ (--;)

やきもの屋でもロクロは一切やらないという人も結構多い、前にも言ったけどやきものの作り方なんて千差万別だからね

そういうタイプの人は、どの土がロクロ挽きに向いてるかはわからないのだ、当たり前だ

こんな事があった

あるやきもの屋さんの所に行き始めた最初の頃

丸い大きな壺を挽いてと言われた、普段使ってる土ならなんてことはない壺だ

「ハイ!」 と渡された土 ・・・ 「なんか砂を固めたみたいな土だな ・・・ イヤな予感(--;)」

予想は的中 (笑) 最初は土を筒型に挽き伸ばすのだが、伸ばすはしから下がってくる

「下がってくる」 といってもピンと来ないと思うが、簡単に言うと一旦30cmの高さまで伸ばしても、ちょっといじると25cm、20cmと背が低くなってくるのだ

砂っぽいから水分をどんどん吸って柔らかくなり、コシが無くなってくる

ワシはあせった (^^;)

「なんでもできます」 と言った手前、意地でも 「この土では無理です」 とは言いたくない

一回目失敗 ・・・ 二回目ギリギリの所でサイズが足りない

三回目は絶対失敗できないと思った、職人失格だ (ToT)、でも二回目で少し感触を掴めたぞ

ちょっとキツイのは、失敗した粘土をすぐ練り直して使うので、水を吸って一回目より粘土が柔らかくなっていることだ

いや集中したよ (^^;) 

なんとか成功! でも大喜びするのもカッコ悪いので

「いやぁ、この土はちょっとだけ挽きにくかったですねぇ」 なんて余裕をカマしたりしたよ (笑) 冷や汗をかきながらね (笑)

他にも

細かくて粘りが強そうなのにプチプチすぐ切れてしまう土
含まれている砂が角ばっていて軍手を着けて挽かないと血だらけになりそうな土、
すぐ水分を吸ってヘナヘナになる土
柔らかいとフニャフニャなのに、ちょっと硬くするとガチガチになって練ることもできない土

でもどれも魅力的な土たちだった

そういう色んな土に出会えただけでも職人やって良かったなぁと思うよ (^^)


人間と同じだ

穏やかそうなのに実はすぐキレる人
周りの人を傷つけてばっかりの人
ちょっとトラブルがあるとヘナヘナになってしまう人
柔らかい部分と頑固な部分が極端な人

そういう人たちと付き合うのは大変だけど、うまく付き合うと結構面白かったりするでしょ?

ま、時々でいいけどね (笑) (^^;)
人気ブログランキングへ

| ★ 陶 談   | 10:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エゴな人達




頼まれてカフェオレボウルの生地を作ってる土はどうやら 「リサイクル土」 らしい

焼成後、不燃ゴミになったやきものを粉砕した粉が入ってるそうだ

多分何かの粘土にそれを混ぜているんだと思うが、どのくらい混ざってるのかはわからん

まぁ、せいぜい15~20パーセントくらいだと思うが

やきもの屋というのは、結構たくさんの量のやきものを壊して捨てるので、いつもなんとなく罪悪感がある

再利用できるならそれに越したことはないなぁと思うよ


やきもの屋は一般に

「辺ぴな所で自然に囲まれて生活している」

というイメージがあるので、やきもの屋でない人たちから

「なんとな~くエコな生活をしている」

と思われがちだが、それは大間違いであります

だって 「よい作品を作るんだ!」 って名目で、ちょっとの作品を作るために山をほじくりかえし粘土を掘って、更に大量の燃料を燃やして、CO2出しまくって

挙句に、「思った作品が出来なかった」 なんて言って壊したりするのだ

エコには程遠い事を日々行っているのであります

まぁ、ワシャ今の 「とにかくCO2減らしさえすればいい」 みたいな風潮はただの 「ブーム」 と 「商売」 だと思ってるけどね ・・・ 

そいでもやきもの屋が無駄に燃料使いまくってるのは間違いない ・・・

単純に 「実用品」 を作っているんであれば、思ったような焼き上がりじゃなくてもいいのさ

第一、実用だけを考えるのなら、今や100円ショップでほとんど全ての種類の食器を売ってるし

なにも陶器でなくてもメシは食えるのだ


美術工芸品を作るというのは、あくまで作者のエゴなのです

こんな人種はエコには程遠い


だからワシャいつもなんとな~く罪悪感がある

100パーセントリサイクル出来て、土味もいい粘土なんてないもんかなぁ


あ ・・・

そういや 「やきもの屋」 も潰しが利かないタイプが多いなぁ ・・・・

人間までリサイクルできないのか ・・・・ (--;)


ダメダコリャ (笑) (いかりや長介風)


人気ブログランキングへ

| ★ 陶 談   | 11:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

珍しく ・・・・ (笑)

最近にしては珍しく忙しい (笑)

仕事が重なってる (ToT)


まず7月1日から始まる 「伊勢丹松戸店」 での個展の準備♪

友人の結婚式の引き出物作り (おめでと~♪ ^^)

子供たちに学校で陶芸体験をさせる仕事、子供相手の仕事は楽しいよ (^^)

やきもの屋の友人に頼まれたカフェオレボウルの生地作り ・・・ 1350個 (!)


1000個以上もいっぺんにロクロ挽くなんて職人時代以来

世の中不景気になってから、大量注文なんてめったにないのだ

引き出物の仕事もスゴイ減った (ToT)

今って結婚式の引き出物なんて、みんなカタログから選ぶタイプばっかりだからね~

いわゆる 「公共事業」 みたいのもめっきり減ったしね (笑)

やきものでも公共事業ってあるんだよ

公共の施設作るから、エントランスの壁面のレリーフを作るとかタイルを作るとか ・・・・

そういう仕事は儲かるのデス (笑)


職人時代に較べると、機械的なロクロの腕は多分劣化してるので、少し時間かかるかなぁ (笑)

単純な形の湯呑のような物ならすぐだが、今回頼まれたのは小ぶりの抹茶碗くらいの大きさのカフェオレボウル、しかも高台の形がちょっとだけ複雑なので、高台削りに時間がかかりそうだ

場所も取るしね (笑)


ほんでもこんな時代、忙しいのはありがたい事であります

ま、ワシャのんびりお気楽人間なので

程々仕事があって、楽しくのんびり暮らすのが性に合ってるんだけどね~♪


あったかくなってきたから、川や海にも行きたいしね~♪



人気ブログランキングへ

| ★ 戯 言   | 10:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

複雑だぁ ・・・

 
最近、文様をあれこれ見ている


古いやきものの文様、宗教画の背景、壁画、着物の文様、現代の女性の洋服の柄 ・・・

・・・・ (--;) 

別に道行く女の子の洋服をジィーっと見ている訳ではありませぬぞ (笑)(^^;)


もちろん自分の作品に使えないかなぁ、と思って見るのだが

意識して見ると、人間が作り出した文様というのはスゴイもんであります

みなさんも試しに自分の持ってる洋服や壁紙の文様を紙に写し取ってみてくだされ

「なんでもない文様と思ったけど、こんなに複雑なんだ」

と思うこと受け合いであります


植物や幾何学文様 ・・・

単純な最初の素材から、絡み合わせ、重ねあい、組み合わせて一つの文様を作り出すというのは

なんと難しいんだろう


昭和の大陶芸家、富本憲吉は

「文様から文様を作らず」

なんて感じの事を言ってる

ワシはかならずしもそうは思わないのだが、新しい模様を作ろうと日々苦労した人は、その難しさも身に染みていたんだろうと思う


やきものの文様を考える上で、自戒しなければいけないのは

生地にただペタッと貼り付けた感じにならないようにすることだ

壺でも皿でも湯呑でも形にかかわらず、同じ文様を貼り付けただけではダメで

生地の形、質感と文様が調和していなければいけない

そういう所、富本憲吉は巧いのだ、サスガであります


女性のみなさん

ワシがあなたの首から下をジィ~っと見つめていたとしても

それは決してよこしまな気持ちで見ているのではありませぬ


・・・・・・・・ (--;) ・・・・・ 多分 ・・・・・・(--;)

人気ブログランキングへ

| ★ 陶 談   | 10:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

池袋三越閉店 (ToT)


昨日池袋三越が閉店したようだ

テレビのニュースを見ると

沢山の人達が見守る中で、表玄関のシャッターが閉まる向こう側にお辞儀をした店員さんがならんでいた

なんか、悲しい光景だ ・・・


ワシャ2005年に一回だけここのギャラリーで個展を開いた

友達の画廊の社長が口を利いてくれたのだ

その時のDM写真↓
三越池袋2005


売り上げは大したことなかったが、ギャラリー担当の店員さん達にはとてもお世話になったよ

昭和の陶芸の生き字引みたいなKさん

お昼においしいつけ麺を奢ってくれたYさん

某有名評論家の親戚で、グルメのHさん


池袋という所は、ほとんど駅ビル状態の東武、西武があって

どうしても少し離れたところにある三越は苦戦続きだったようだ

ワシが個展したときも、あんまりお客さんは多くなかったなぁ

都内の人気スポットにあるデパートなのだが、なんとなく地方デパートのような佇まいだったよ

まぁ、今や池袋はすっかり 「若者の町」 なので、ターゲットの年齢層が高い三越は辛かったのかな? (^^;)


あと1回くらいは個展したかったなぁ 


最後まで頑張った店員のみなさん

おつかれさまでした

人気ブログランキングへ

| ★ 戯 言   | 14:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しゅ~りょ~~

本日

笠間のやきものの祭り 「陶炎祭 (ひまつり)」 が終了した

出店しなかったワシも、結局バイトで 「ロクロ体験」 の手伝いをさせていただきました


例年出店してる時は、午前中からビール飲んで酔っ払って

フラフラしながら商売してるワシだが

さすがに子供たちにロクロを教える時に酒臭い訳にはいかないので

今回のひまつりは初めての 「酔っ払ってないひまつり」 でありました (笑)

ロクロ体験に来てくれた子供達、ありがとね~~~♪

あと、残念ながら時間的な問題で体験できなかった子供達、ゴメンネ~~~ m(__)m


会期中は

新しい出会いがあったり、遠くから友達が来てくれたり

例によって、あちこちで食い物や飲み物を貰ったり

いつもとはちょっと違う視点で、ひまつりを楽しむことが出来たよ


それでは最後に

前にもこのブログで紹介した先輩

額賀章夫さんのひまつりステージでの勇姿をどうぞ !!!!!

額賀さん


人気ブログランキングへ

| ★ 戯 言   | 23:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。